wisdom
 
 
明けましておめでとうございます。
猿渡です。
 
今年の目標を明確にかかげ、
「年始から頑張っていこう!」と
心新たに頑張っている方々も多いと
思います。
 
もう今年も5日もたってしまい、
ぼーっとしていたら、1年たってしまった、、、と
なりかねません。
 
「まだ年明けだからゆっくりやっていこう」
なんて考えずに、通常の1.7倍位のスピードで、
コツコツとやっていきたいものですね!
 
 
 
さて、僕の方と言えば、
去年は色々と方向転換をしながら、
ビジネスをやっていました。
 
 
迷走していることも多かったのですが、
今年の指針を決めるに値する出来事と出会えたので、
自分的には、「まー良しとするか、、、」と
言った感じです。
 
 
簡単に今年の指針を語ると、投資関係に特化しながら、
いろいろな資産構築のために幅を利かせていこうと言う指針です。
 
 
 
なぜ自分の進む方向を考えたかというと、
2018年は時代の変革期に突入することが考えられるからです。
 
 
 
前年度からその風潮があって、自分なりに時代の風が、
どのように流れているかを予見しながら行動していました。
 
 
その結果、迷走するに至ったのですが、
時代の流れを予見するに至る理由が、5つあります。
 
 
 
 
■国民の約80%がスマホ保有している事
(2017年3月時点)
 
今やスマホオンリーでオンライン情報が得れる時代になりました。
 
さらに、お店での支払いもスマホを持っていればできるようになり、
仮想通貨の出現で財布としての存在価値を
スマホがまかなえる時代になってきました。
 
 
 
 
■フィンテックにより、お金のあり方自体が変わってきている事
 
【フィンテック、Fintech(英: financial technology)とは、
 Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語であり、
 ファイナンス・テクノロジーの略。
 IT技術を使った新たな金融サービス】
 
スマホで決済したり、多くのクレジット決済をひとつにまとめたり、
自動で家計簿を作れたりと夢のような決済方式が現実化されてきました。
 
仮想通貨の存在も、ファインテックのひとつです。
 
 
 
 
■AIの出現
 
【人工知能(じんこうちのう、英: artificial intelligence、AI)とは、
「計算機(コンピュータ)による知的な情報処理システムの設計や実現に関する研究分野」を指す】
 
人工知能が発達し、今では、AIがチェスの王者を負かしたりして、
人間を超えた存在になりつつあります。
 
自動でプログラム制御するようになり、ゲーム自体を完全放置とうたって、
ゲームアプリを提供しているところも見受けられるようになりました。
 
 
 
 
■SNSにより個人の情報伝達媒体が整って、老若男女問わず簡単に扱えるようになった事
(文字から音声、音声から動画)
 
いろいろな方がスマホを保有するようになって、
いろいろな方が簡単にSNSを利用するような時代になりました。
 
SNSを利用することで、多くの人に簡単に情報を提供できるようになりました。
 
 
 
 
■時代の称号が変わった事
 
最後に2018年4月に時代の称号が変わります。
 
時代の称号が変わる時、男の時代から女の時代に変わる事が多いです。
(人によっては、デジタルの時代からアナログの時代に変わるという
 表現をされる方もいらっしゃいます。)
 
 
 
 
これだけの理由が並ぶと、どうしても「変革期に入った」と考えても
過言ではありません。
 
 
 
僕は、ファインテックとAIに着目して、
今年は資産構築に特化していきます。
 
 
 
もう準備は出来上がってるので、コツコツとやっていくだけなので、
頑張っていこうと思います。
 
 
 
PS:去年は、あまりにもブログを更新しなかったので、
   今年はちょくちょくブログを書いていこうと思います。^^;




 
wisdom
 
 
今日は、娘の3歳の誕生日でした。
 
豪華な料理に誕生日ケーキ、最後の仕上げに花火と
娘と、棚ぼたで息子も満足みたいです。^^;
 
そのせいか、今日だけは僕の言うことを
ちゃんと言う事を聞いてくれます。
 
今、娘、息子とも、ベットでウツラウツラしながら、
ゴロゴロしています。
 
 
寝てる姿は天使ですね!
 
起きてる時は、怪獣ですが、、、(笑)
 
 
その光景を見ながら、ふと思ったもので、
記事を書いてみました。
 
物を販売する際、普段は物を売る事ばかりに心をとらわれて、
その物の特徴や他の商品のどこが優れているのかを説明して、
早く販売しようとやっきになって、その結果、売れるものも売れずに、
悲しい結果になるなることがよくあります。
 
「なにやっきになって、物を売ってんだよ!
 お前からは絶対買ってやんないからな!」と
かえって、信頼もなくし、逆効果になってしまいます。
 
自分の利益の事ばかり考えているせいで、
なんか人間関係までギクシャクする結果に落ちいてしまう。
 
相手の事を真剣に考えてあげて、満足させてあげる事。
 
それが大事です。
 
心理学ににて、「返報性の原理」というものがあって、
人は他人から何らかのサービスや好意を受けた場合に、
お返しをしなければならないという感情を抱く心理が働くそうです。
 
要するに、相手に何らかのサービスや商品を与えると
お返ししなければという心理が働くので、
その心理が販売につながるという事です。
 
よくデパートで試食や、無料プレゼントを餌にアンケートに答えてください!
みたいな光景がよくありますが、それが返報性の原理を利用した
よくある販売促進、アンケート促進テクニックですね。
 
気分がよくなって、言う事を聞いた娘や息子と同じです。(笑)
 
 
知っておくのと知っておかないとでは雲泥の差で、
ちょっと物事をアプローチの仕方を変えて応用するだけで、
まったく違った結果を生み出します。
 
  
まずは与える事。
 
 
商品であれ、知識であれ、サービスであれ、
与えて、与えて、与えて、信頼を構築してからでも
遅くはありません。
 
相手も馬鹿ではありません。
 
ビジネスであれ、人と人の付き合いが基盤にあるんです。
 
ここの部分は、仕事ができる人はよくモテる。
といった事につながってくると思います。
 
自分が付き合いたい相手に対して、
「おごるからさ、お茶しようよ。」
って、相手を誘ったりするではないですか!
 
それと同じです。
 
いろいろな場面で使ってみるといいかと思います。