最強
 
 
今日は、仕事の関係で某ホテルにて、
お花見に行って来ました。
 
もう花は散っていると言うのに、
お花見なんてなんか変な気分ですね。^^;
 
 
今日はほろ酔い気分で、行きつけのBarにて、
ブログを書いています。
 
 
 
最近は、社会のフェーズが変わったというか、
仕事をするにしても、仕事の進化の仕方が
より一層早く変わってきているのを感じます。
 
 
時間の流れが早くなってきていて、
「ついていけない人はついてこなくていいよ。」
と言うような選択肢を突きつけられているようです。
 
 
自分を取り巻く環境、仕事を取り巻く環境も
めまぐるしく変わっていきます。
 
 
「そうなんだ!」と他人事の様にどっしり構えていても、
時代の波に飲み込まれるだけで、
自分自身、危機感を感じずにいられません。
 
 
この状況を危機だと思うか、自分が変わるための
チャンスだと思うかは人それぞれで、
今後の自分を変える良いチャンスだと僕は捉えました。
 
 
さて、最強の自分になるために必要なことですが、
『最強』とはなんでしょうか?!
 
身体が筋肉隆々で、「まるでゴリラ!」と言うような人を
最強と定義する方もいるでしょうし、
またIQ2000・・・という様な人を最強と
定義する人もいるでしょう。
 
 
ですが、より強く、より優れている人が、
生き残る訳ではないと僕は思うんですね。
 
 
かといって、情報が脆弱な、ヒョロヒョロのヒヨッコが
淘汰される訳ではないと思うんです。
 
 
移りゆく環境の中で、順応し適応できる人が
最強だと思うんです。
 
 
移りゆく環境に対し、順応し、適応するために、
コツコツと準備して、日頃から頑張っていった者だけが、
勝利の美酒を交わす事ができると思うんです。
 
 
ありがたいことに、この日本では、
食べる物がなく飢餓で亡くなる事のない
いい環境下にいると思います。
 
この恵まれた環境で今日より明日、
最強になっていくために日々努力していこうと
思います。

 
熊本城
 

 
親子の絆、信頼
 
 
段々春めいてきて、暖かくなってきましたね。
 
サクラも咲き始め、僕の好きなモクレンも見事に白い大輪を咲かせています。
 
僕の住んでいる所の近くにモクレンの並木があって、今年も見事に咲き乱れました。
 
思わずため息が出ますね。
(花の散りゆく様は、サクラの方がキレイですが、、、)
 
 
花粉症の僕もこの時ばかりは、”春が来てよかった”と心の底から思えます。
 
 
春夏秋冬を感じれる環境というのは、
贅沢で世界でも日本だけじゃないかな?!と僕は思います。
 
当たり前の様な日常で、感慨深く感動できる日常に感謝です。
 
 
僕はよくこの時期にいつも思うことがあります。
 
一言で言うのであれば、
『花は散るから美しい』
ということです。
 
サクラやモクレンの花を一生の絶頂期と考えるなら、
大きな大輪を咲かせて人生を全うしたいと花を愛でながら思うんです。
 
 
僕の人生究極の目標の一つに、
『グレイトフル デッド』と言うのがあります。
 
この言葉を僕は『偉大なる死を!』と勝手に解釈しています。
 
 
どういうことかと言うと、僕が亡くなったときに周りの人や自分の知らない人までもが、
「猿渡!なんで亡くなったんだよ!」と悲しんでもらえるような人物になりたいという事です。
 
これを一言でまとめると、『グレイトフル デッド』であり、
『偉大なる死を!』と言うことです。
(別に自殺とか考えていないので、安心して下さいね。)
 
人は周りの人に認められたいという欲求というのが存在します。
 
僕も認められたい欲求は人一倍ありまして、究極の目標から自分を
導いていくことで日頃の行動が変わってきます。
 
『思考は現実化する。』ではないですが、より具体化するためには、
目標を分かりやすく掲げ、邁進することで、
結果が10倍にも20倍にも変わってきます。
 
1日1日進化していくことで、輝ける未来になってきます。
 
この考え方は『メメントモリ』とも言われています。
(和訳では、『死を記憶せよ!』と訳されています。)
 
まだ見ぬ未来ですが、妻のため、子供のため、自分のためにも
かくありたいと思います。