「I Have a Dream」:私には夢がある

ルーサー・キング・ジュニア氏が、
人種平等と差別の終焉を呼びかけた演説です。

1963年8月28日にキングは職と自由を求める
ワシントンでの行進のさいにリンカーン記念館の
階段上で17分にわたって演説し、
公民権運動に大きな影響を与えました。

みんなの心の中にある痛みを語りながら、
どの様な未来に誘って言ってくれるのかを
いろいろな角度より語っています。

淡々といろいろな角度から語ることにより、
脳裏に映像が浮かぶような文章の構成です。

人を動かす「人の心に突き刺さる文章」から
いろいろと学ぶことができます。

人によっては文章のテクニックばかりに
フォーカスしているがあまり、
独りよがりな内容になりがちです。

それでは人は動かない。。。
と言うか感動しない。

感じて動くから、『感動』なのです。

そこに魂が入ってこそ生きた文章になる。

先人の残された遺産より学ぶ事も多いと
僕は思います。

image1

る方のメルマガにて、
この動画の存在を知りました。

平成27年(2015年)3月20日(金)に
挙行された、
「平成26年度近畿大学卒業­式」での
堀江貴文氏のメッセージだそうです。

さすが!堀江貴文氏

受け取り側によっては、
「何いっているの?」と思われている方も
いらっしゃるかも知れませんが、

卒業式のはなむけとしては、
最高の素晴らしいスピーチだと
思いました。

オンラインのみならずオフラインでも
グローバル化の波がきています。

もうこの世の中自体、公平な世の中に
なりつつあります。

平等ではないんです。。。

逆に言えば、
「今を生きる」ために必死でもがき、
頑張っている人にチャンスが訪れる
世の中になってきたと僕は考えます。

行動し続け、
人に価値を与えれる術を持つこと。

物事を抽象的にとらえれる視点を持ち、
能力のある人と組んで、より高みを
目指す事のできる個人単位での時代に
なりました。

まずは知ること。

と同時に行動すること。

ぜひ、この動画を見られる事をお勧めします。

[youtube id=”2DTyHAHaNMw”]

偉人