wisdom
 

目の前に大きな波が到来しました。
 
「今、この波に乗らないでどうするんだ?!」と
海をこよなく愛するサーファーなら、
きっとそう思うでしょうね。
  
 
まさしく、今の僕がそうです。
 
『マジでいいのかよ、、、』と自ら足踏みしそうになりますが、
とあるきっかけにて、電子書籍を出版することになりました。(笑)
 
 
人との出会いは、まさに一期一会で、
ひょんなことから出版することになったのですが、
本の内容は正直、はっきり決まってないんですね。
 
今の僕の書ける分野はある程度決まってしまいますので、
おのずと本の方向性は決まってしまうのではと思います。
 
 
できれば、カテゴリー別でもいいので、
1位を取りたいですね。
 
この経験が僕を飛躍させる糧になってくれれば、
ありがたいですね。
 
 
僕の考え方ですが、
「チャンスがあるうちに、コマを打つこと。」

要するに、【答えはすべてイエス!】というやつです。
 
 
 
無謀に突っ込んでいくというわけではありませんが、
できるだけ多くの経験を短時間でする事は、
自分を成長させるのに重要です。
 
 
かの有名な楽天の社訓が、
『スピード!!スピード!!スピード!!』
というのがあります。

他社が1年かかることを1ヶ月でやり遂げるスピードが、
必要だということなんです。
 
 
 
小さな階段を一歩づつ上っていくよりも、
階段の段数を2個、3個一気に登った方が、
早く成功することができます。

つまり、ちょっと無理するくらいのスピードで
こなしていった方がいいです。
 
 
自分の可能性を自分が決めることに他なりません。
 
 
今までの僕は石橋を叩いて、さらに粉々になるくらい
叩いてしまうような奴でしたが、
なるべく多くの場に出向くように心がけています。
 
 
 
ただ、今、子供が小さいので、許される範囲内で、
出向いていますけどね。
 
 
心がけているだけで、大きな波に気付くようになり、
それがスピードに変換されていきます。
 
 
コツコツとスピードをつけて、努力していけば、
きっと大きな波も簡単に乗れるはずです。
 
 
やり方が分かって、あり方が分かっていけば、
自ずと道は開けていくものです。
 
 
あと半年も切ってしまい、ラストスパートを
かけていかなければいけない時期にさしあたりつつあります。
 
 
自分のできる範囲内+αで、結果につなげれるよう、
コツコツとルーティンワークのようにこなしていきたいですね!(笑)

 
僕がいろんな意味で成長して、同じ波を見たときに
「あれ?!波の大きさってこんな小さかったっけ?!」と
思っちゃうかも知れませんね。(笑)

 
wisdom
 

実は僕自身、好奇心旺盛でして、
自分自身知らない事が多すぎる事に
気が付きました。
 
 
本当に犬のようなやつでして、
自分の知らないことになると
時間を忘れて、調べてしまいます。
 
 
素直というか、馬鹿なのか、
分かりませんが、子供心が止まらず、
困ってしまうこともしばしば、、、
 
 
本当に困ってしまいます。(笑)
 
 
 
僕には4歳と2歳と1歳の子供がいますが、
精神年齢が似かよっているのか、
一緒に遊んでいるとすごく楽しいです。
 
 
嫁からは「大きな子供と変わらないわ!」と
今やあきらめモードです。(笑)
 
 
 
僕は、自分の子供を子供としてではなく、
一人の人間として付き合っています。
 
 
要するに、子供だからといって、
甘やかしたりしません。
 
 
お世話になったら、「ありがとう。」
悪いことをしたら、「ごめんなさい。」と
挨拶に対しては特に厳しいです。
 
 
 
ごく当たり前の事ですが、
偉ぶって、挨拶もろくにできない
おじいちゃんも多すぎます。
 
 
おじいちゃんにもなって、
挨拶もろくにできない様な人間には
なってほしくありません。
 
 
そんなおじいちゃんを目の当たりにすると、
本気で憐みの気持ちで見てしまい、
「かわいそうに、、、」と
本気で思ってしまいます。
 
 
 
明らかにわがままこの上ない態度の時は、
子供に対して、本気で怒りますし、
怒った後にはすぐに抱きしめ、
「ごめんね。」と子供の心に
寄り添うようにしています。
 
 
とはいえ、自分も子供が
大きくなったようなものなので、
「オヤジ、寄ってくんなよ!」と
 
言われるまでは、大きなガキ大将として、
子供と付き合ってみようと思います。
 
 
 
一番下の子が大きくなって、
早く家族全員で一緒に海釣りに、
UFJに連れて行きたいですね!
 
 
自分の大きな目標の一つに、
「子供にいろいろな世界を見せれる
環境を作りたい。」と真剣に思っているので、
今のうちに頑張っておかないとですね。
 
子供にオヤジの背中を見せてあげたいです。