wisdom
 
 
今日は、娘の3歳の誕生日でした。
 
豪華な料理に誕生日ケーキ、最後の仕上げに花火と
娘と、棚ぼたで息子も満足みたいです。^^;
 
そのせいか、今日だけは僕の言うことを
ちゃんと言う事を聞いてくれます。
 
今、娘、息子とも、ベットでウツラウツラしながら、
ゴロゴロしています。
 
 
寝てる姿は天使ですね!
 
起きてる時は、怪獣ですが、、、(笑)
 
 
その光景を見ながら、ふと思ったもので、
記事を書いてみました。
 
物を販売する際、普段は物を売る事ばかりに心をとらわれて、
その物の特徴や他の商品のどこが優れているのかを説明して、
早く販売しようとやっきになって、その結果、売れるものも売れずに、
悲しい結果になるなることがよくあります。
 
「なにやっきになって、物を売ってんだよ!
 お前からは絶対買ってやんないからな!」と
かえって、信頼もなくし、逆効果になってしまいます。
 
自分の利益の事ばかり考えているせいで、
なんか人間関係までギクシャクする結果に落ちいてしまう。
 
相手の事を真剣に考えてあげて、満足させてあげる事。
 
それが大事です。
 
心理学ににて、「返報性の原理」というものがあって、
人は他人から何らかのサービスや好意を受けた場合に、
お返しをしなければならないという感情を抱く心理が働くそうです。
 
要するに、相手に何らかのサービスや商品を与えると
お返ししなければという心理が働くので、
その心理が販売につながるという事です。
 
よくデパートで試食や、無料プレゼントを餌にアンケートに答えてください!
みたいな光景がよくありますが、それが返報性の原理を利用した
よくある販売促進、アンケート促進テクニックですね。
 
気分がよくなって、言う事を聞いた娘や息子と同じです。(笑)
 
 
知っておくのと知っておかないとでは雲泥の差で、
ちょっと物事をアプローチの仕方を変えて応用するだけで、
まったく違った結果を生み出します。
 
  
まずは与える事。
 
 
商品であれ、知識であれ、サービスであれ、
与えて、与えて、与えて、信頼を構築してからでも
遅くはありません。
 
相手も馬鹿ではありません。
 
ビジネスであれ、人と人の付き合いが基盤にあるんです。
 
ここの部分は、仕事ができる人はよくモテる。
といった事につながってくると思います。
 
自分が付き合いたい相手に対して、
「おごるからさ、お茶しようよ。」
って、相手を誘ったりするではないですか!
 
それと同じです。
 
いろいろな場面で使ってみるといいかと思います。

 
wisdom
 

実は僕自身、好奇心旺盛でして、
自分自身知らない事が多すぎる事に
気が付きました。
 
 
本当に犬のようなやつでして、
自分の知らないことになると
時間を忘れて、調べてしまいます。
 
 
素直というか、馬鹿なのか、
分かりませんが、子供心が止まらず、
困ってしまうこともしばしば、、、
 
 
本当に困ってしまいます。(笑)
 
 
 
僕には4歳と2歳と1歳の子供がいますが、
精神年齢が似かよっているのか、
一緒に遊んでいるとすごく楽しいです。
 
 
嫁からは「大きな子供と変わらないわ!」と
今やあきらめモードです。(笑)
 
 
 
僕は、自分の子供を子供としてではなく、
一人の人間として付き合っています。
 
 
要するに、子供だからといって、
甘やかしたりしません。
 
 
お世話になったら、「ありがとう。」
悪いことをしたら、「ごめんなさい。」と
挨拶に対しては特に厳しいです。
 
 
 
ごく当たり前の事ですが、
偉ぶって、挨拶もろくにできない
おじいちゃんも多すぎます。
 
 
おじいちゃんにもなって、
挨拶もろくにできない様な人間には
なってほしくありません。
 
 
そんなおじいちゃんを目の当たりにすると、
本気で憐みの気持ちで見てしまい、
「かわいそうに、、、」と
本気で思ってしまいます。
 
 
 
明らかにわがままこの上ない態度の時は、
子供に対して、本気で怒りますし、
怒った後にはすぐに抱きしめ、
「ごめんね。」と子供の心に
寄り添うようにしています。
 
 
とはいえ、自分も子供が
大きくなったようなものなので、
「オヤジ、寄ってくんなよ!」と
 
言われるまでは、大きなガキ大将として、
子供と付き合ってみようと思います。
 
 
 
一番下の子が大きくなって、
早く家族全員で一緒に海釣りに、
UFJに連れて行きたいですね!
 
 
自分の大きな目標の一つに、
「子供にいろいろな世界を見せれる
環境を作りたい。」と真剣に思っているので、
今のうちに頑張っておかないとですね。
 
子供にオヤジの背中を見せてあげたいです。