「I Have a Dream」:私には夢がある

「I Have a Dream」:私には夢がある

ルーサー・キング・ジュニア氏が、
人種平等と差別の終焉を呼びかけた演説です。

1963年8月28日にキングは職と自由を求める
ワシントンでの行進のさいにリンカーン記念館の
階段上で17分にわたって演説し、
公民権運動に大きな影響を与えました。

みんなの心の中にある痛みを語りながら、
どの様な未来に誘って言ってくれるのかを
いろいろな角度より語っています。

淡々といろいろな角度から語ることにより、
脳裏に映像が浮かぶような文章の構成です。

人を動かす「人の心に突き刺さる文章」から
いろいろと学ぶことができます。

人によっては文章のテクニックばかりに
フォーカスしているがあまり、
独りよがりな内容になりがちです。

それでは人は動かない。。。
と言うか感動しない。

感じて動くから、『感動』なのです。

そこに魂が入ってこそ生きた文章になる。

先人の残された遺産より学ぶ事も多いと
僕は思います。

image1

コメントを残す