観る事、聴く事

 
wisdom
 

今年のお正月はいかがでしたか?
 
お雑煮におせち、まとまった休みを利用しての旅行に
と楽しまれたことだろうと思います。
 
 
 
僕はと言うと、両親のところに年始の挨拶に行った以外、
普通に休日を過ごした感じでした。
 
 
何気に気にも留める事なく、新春の番組を見ながら、
家で馬鹿笑いしていたわけですが、
その時にふと思ったことがあったので、
書かせていただきました。
 
 
 
僕は、物事を観たり、人の話しを聴くように、
常日頃から心がけるようにしています。
 
 
 
物事を見たり、人の話を聞いたりではありません。
 
物事を『観たり』、人の話を『聴いたり』です。
 
 
 
「見る」と「観る」、「聞く」と「聴く」
 
 
音的には同じでも、行動的に同じように見えても、
やっている内容、その後の結果が全く変わってきます。
 
 
僕が思うに、
 
■ 見る +【自分の考え】=観る
 
■ 聞く +【自分の考え】=聴く
 
という感じでしょうか?!
 
 
 
見る、聞くという行動に自分の思考を入れる事で、
ある気づきが産まれます。
 
その『気づき』がすごい大切で、『気づき』が元で、
莫大な利益を生むことができたりします。
 
 
ただ、のほほんと見たり、聞いたりするのではなく、
自分の考えを入れながら、
たまには斜めから疑いの目で見ながら、
裏側から見ながら、
いろんな角度から思考を入れる。
 
 
 
「これ、いけるんじゃ?!」と思ったら行動し、
PDCAサイクルにのせてみる。
 
 
 
これって、すごく重要な事だと僕は思うんですね。
 
 
見るじゃなくて、観る。
 
聞くじゃなくて、聴く。
 
 
 
その行動が、思いやりであったり、ホスピタリティー精神であったり、
コミュニケーションの向上に繋がったりするわけです。
 
 
っと、偉そうなことを言いながらも、
僕自身「まだまだだね、、、」と思う
今日この頃でした。^^;




コメントを残す